神経伝達物質

神経伝達物質とは、神経細胞の接合部であるシナプスを介しての
信号伝達を行う化学物質のことである。神経活動は、脳内の神経
細胞間の電気シグナルを媒介とする、巨大で緻密なネットワークに
より維持される。神経細胞を伝わった電気シグナルは、シナプス伝達
において化学シグナル(神経細胞内に蓄えられている科学物質)となり
放出され、神経細胞の受容体に取り入れられ、電気シグナルに変換。
ドーパミンの過剰は分裂病を、セロトニン・ノルアドレナリンの欠乏は
うつ病を引き起こすなど、神経伝達物質のバランスが崩れることで、
心の異常が発生。