作動記憶

作動記憶とは、短期記憶の一種で、感覚記憶からの大量の情報を
処理して、リハーサルしながら長期記憶へと送り込んだり、長期記憶
から検索を行ったりする機能のことである。構造としては、言語処理
として音声ループから、視覚・空間的情報処理として視空間スケッチ帳
からなるモデルが提出されている。