強化

元来、パヴロフが、レスポンデント条件付けにおいて条件刺激と
無条件刺激とを対呈示することで、条件反射の強度を増加させること。
及び、その操作を強化と呼ぶ。後にオペラント条件付けにおいては、
ある状況下で、ある自発的反応に対し、報酬や罰といった強化刺激を
付与することで、その自発的反応頻度を増加させること。及び、その
操作を指すのに用いられるようになった。