感情知能

感情知能とは、新しい知能観である多面的知能のひとつで、サロヴェイ,P.、
メイヤー,J.D.により提唱される。自己や他者の感情の認知・感情の調節・
自己の動機付け・共感性・人間関係の調整に関わる能力で、IQが学問的
知性を表しているのに対し、感情知能はIQを活かす力、実生活でより良く
生きる力、人格的知性・社会的知性を表すものである。発達的には、幼児期
において基本的な基礎が形成され、生涯を通じて発達していくもの。