感覚遮断

感覚遮断とは、感覚器官の一部あるいは全体に対し、外部からの情報を
遮断あるいは低減させることである。人間の場合、アイソレーション・タンクを
使った実験では2~3日が限界、幻聴や幻視など変性意識状態が生じる。
瞑想や長距運転などでも生じるもので、生体にとって、常に何らかの
刺激情報に接していることが必要であることを表している。