学習性無力感

学習性無力感とは、統制不能の電気ショックを与えられ続けた犬が、
別の統制可能な状況においても、電気ショックから逃げようとしな
かったことから、セリグマン,M.E.P.により提唱される。強制的・
不可避的不快経験やその繰り返しの結果、何をしても無駄だという
ネガティブな感覚・あきらめが支配的になること。また、人間の
ある種の抑鬱・学業不振の形成にも、同じメカニズムが働くと考えられ、
臨床的にも幅広く応用研究が行われている。