法則定立的

法則定立的とは、歴史学において、自然科学との同一性と差異性を
めぐる議論の中から、19世紀末に新カント派のヴィンデルヴァント,W.
が提唱したものである。自然科学を法則定立的であるとした。この
考えは、現在パラダイム論争となっている近代の知/臨床の知の
対比と重なるものである。