プロセス指向心理学

プロセス指向心理学とは、1980年代に、ユング派の分析家ミンデル,A.
により提唱されたボディ・ワーク、グループワークを重要視するトランス
パーソナル心理学のひとつである。身体的働きかけは、フォーカシング
に似て、フェルトセンスを求めるとともにより微細な感覚に開かれたもの
である。コーマ・ワークにおいては昏睡状態にあるものに対する援助と
なっている。集団的な取り組みは、家族からコミュニティへと広がり、
各地での紛争の解決、無意識のうちに権力関係として形成されている
ランクへの働きかけなど、極めて実践的な心理学である。