認知心理学

認知心理学とは、1950年代後半に生まれ、やがて70年代になり認知科学の
中心的な役割を担うようになってきたもの。コンピュータを中心としたモデル化
とシュミレーションが特徴。行動主義の限界、情報科学の発展、神経生理学の
発展を背景とし、従来の実証主義に基づく仮説検証といった心理学的実験
パラダイムから包括的モデル作りへと大きくシフトしているのである。