脱構築

脱構築とは、1980年代に登場したポスト構造主義のキーとなる概念の
ひとつである。デリダ,J.により提唱された。脱構築の対象となるのは、
階層秩序的二項対立を特徴とするロゴス中心的・音声中心的・男根
中心的な構造である。基本的認識は、これまでの精神障害者・女性・
植民地被支配者といった様々な階級における社会的弱者は、言説の
主体から排除されていた、というもの。方法は、このロゴス中心的な
構造の内部に働きかけて、自壊させることによって、新たな可能性・
主体としての権威を見出そうとするもの。臨床心理学においては、社会
構成主義の理念と連動して、ナラティブ・セラピーの理論的支柱となって
いるのである。