新行動主義

新行動主義とは、1930年代以降の行動主義の心理学者により
とられた立場のことである。主なものに、トールマンのサイン・
ゲシュタルトの概念、ハルの仮説演繹法による理論体系、
徹底的行動主義と呼ばれるスキナーの反応―強化刺激による
行動分析などがあげられる。