実存主義

実存主義とは、主体的存在としての実存を中心とする哲学的立場のことである。
「いま、ここ」における主体の存在理由・自由な選択・自覚を重視するもので、
高度に組織化され、没個性化を迫る現代社会において、改めて「自分は何者か」、
「生きる意味は何か」を問いかけている。