実証主義

実証主義とは、超経験的なものを認めず、経験的事実のみを知識の
源泉として、感覚的経験による実証を重視する立場のことである。
実証主義に対抗する批判として、人間性を巡って生の哲学・現象学・
プラグマティズム・実在主義・臨床の知などがあげられる。