作用心理学

作用心理学とは、19世紀後半、ブレンターノ,F.によって提唱された
ものである。ヴント,W.の心理学を、要素主義的で意識の内容を
研究する現象学であると批判、むしろ心理学は精神作用、対象として
のあるものへの関係、つまり志向的関係を扱うべきであるとし、内観
及び表現による内的経験の記述を行った。感覚や想像などの表象を
重視し、オーストリア学派やゲシュタルト心理学、フッサールの現象学
などにつながるもの。