構造主義

構造主義とは、人間の文化活動の全体性は、主体の経験からは常に
無意識的に隠されているため、普遍的法則性を持った構造という
理論モデルにより、対象となる現象を理解しようとする立場のことである。
1960年代に、フランスから世界的に広まり、従来の実証科学的な方法、
近代的な知のあり方に大きな転換をもたらすものとなっている。