現象学

現象学とは、本来物自体と区別された現象の学を示すもの。人間の
認識は、カントにとってはこの現象界に関わる経験的な実在的なもの
であり、ヘーゲルにとっては絶対精神の発現である意識の発展段階
の記述を示すものであった。しかしフッサール,E.は、20世紀初頭、
実証主義・心理主義・生の哲学・歴史主義などを批判し、現象の真ある
普遍的認識の基礎を求め「事象そのものへ」回帰することを提唱。
具体的には、現象学的記述・還元・判断停止などの方法により、
志向性・生活世界・間主観性などの概念を提出、心理学・精神病理学・
社会学・教育学など広く現象学派を形成。