ゲシュタルト心理学

ゲシュタルト心理学とは、19世紀のヴントに代表される、心的現象は
要素の総和からなるという要素主義を否定して、20世紀初頭に、
要素に還元できないひとつのまとまりとしての構造特性、つまり
ゲシュタルトに注目してその発生過程や機能を法則化した心理学
である。現代では、機械論に対抗するものとして、現象学・ホーリズム
の支柱になるとともに、認知科学の中で再評価される。