合理論

合理論は、古代ギリシヤではプラトンのイデア論に代表されるように、
宇宙そのものの目的論的形成の原理であり、中世においてもキリスト教
の神学的世界観に引き継がれ、自然的認識対象に関わる理性的能力が
重要視されており、近代に至っては神から人間中心へと移行する中で
数字と機械的自然観が結びついてデカルト、スピノザ、ヘーゲルに代表
される近代的合理論の誕生となった。理性的で自律的な人格は、近代的
主体となるもので、経験論と合理論とが相補的に科学的探求を推進して
きたといえるものであり、現象学的還元によって初めてその根源的な基盤を
問われるようになってきているのである。