機能主義

機能主義は、19世紀後半に現れた科学的方法論のひとつ。物自体・本質といった
ものを直接対象とすることができないとする不可知論の前提で、実証主義・
現象的な物事の結合・関連を明らかにしようとする立場である。心理学的には、
構成主義の反対概念。心の機能は、有機体が環境に適応しようとする精神の
統一的活動であるという立場をとるもので、行動主義の母体となるとともに、
認知心理学にもつながるものでもある。