機械論

哲学的には、目的論の反対概念で、自然・必然的な因果関係において
全てを見ようとするもので、近代市民哲学の構成要素でもあり、目的意思・
人間的主体の自由・社会的実践の特質が軽視されがちである。生物学的
には、生気論に対立するもので、進化論や分子生物学など生命現象を、
物理・科学的な無機的な現象と同等のものとして扱おうとするもの。
心理学的には、全体論・有機体論の反対概念であり、要素主義的・分析的
因果論的・自然科学モデルによる数量的人間理解となる。