間主観性

間主観性とは、後期フッサール,E.の現象学の基本概念である。世界の意味了解は、
近代的・合理的・普遍的な認識主体としての個人の主観においてなされるのでなく、
超越論的な場における他者と共同体の構成という、複数の主観の共同化による
高次の主観においてなされるとした。臨床心理学においても、サリヴァンの「与し
ながらの観察」やストロロウの「間主観的アプローチ」に端的に見られるように、
クライエントとカウンセラーとの間の共生的二者関係の基礎概念となるもの。