ラテン方格法

ラテン方格法とは、実験計画法のひとつである。ラテン方格を用いて分散分析を
行い、各要因の効果を見るもの。ラテン方格とは、m人の被験者にm種類の
実験をするときにm列m行に配列し、どの列・行にも同じ実験が一回ずつ含まれる
ように配置したもので、すべての被験者に同じ実験を違った順序で行うことが
できる為、順序の効果を除いて各被験者に平等の実験条件を与えることができる
という長所がある。