分散分析

分散分析とは、フィッシャーが農場実験の分野で実験計画法による
実験結果の分析の方法として確立したもので、ANOVAと略される。
現在は、自然科学・行動科学の諸分野に普及。具体的には、ある
集団について量的変数Xの観測が行われたとき、別の変数Yに
よってその集団をいくつかの群に分けることができれば、集団全体に
ついて変動―群間のXの変動+群内のXの変動が成立し、前者は
Yによる効果で、後者は誤差と考えられるというもの。