t検定

t検定とは、統計的仮説検定の手続きのひとつで、ティ分布を用いる
検定法の総称である。ティ統計量は、自由度n-1のティ分布に従い、
母集団の平均に関する推論等に用いられている。その分布形は、
自由度が大きいときは標準正規分布によく近似するが、自由度が
小さいときは、正規分布より裾が重たい形を示す。t検定を使う為には、
二組の標本が相互に独立であり、それぞれの標本の属する母集団の
確立分布が等しい分散値を持つ正規分布であることが必要とされる。