生態学的妥当性

生態学的妥当性とは、ブルンスウィック,E.の用語で、有機体にとって、
感覚受容器に与えられた刺激である近刺激が、環境的事象に到達する
ための手がかりとして役立つ程度を示す概念である。一般の心理学的
実験は人為的で、日常性から切り離された状況・課題を用いる為に、
このような実験で与えられる刺激情報は、生態学的妥当性が低いと
されている。ブルンスウィックの確率論的機能主義では、物理的に
外在する対象である遠刺激と近刺激の間に凸レンズ的な多義的・確率的
媒介過程を想定しており、経験的なものを考慮した刺激情報は
生態学的妥当性が高いとされている。