妥当性

妥当性とは、テスト理論の用語である。50年代までは、テストが測ろうとしている
ものが、測れているということを意味していたのだが、現在ではテスト得点の
解釈とそれに基づく推論の正当性の程度を意味するものとなっており、
内容的妥当性・基準関連妥当性・構成概念妥当性が問題とされている。
測定の目的との関係・文脈によってその評価が決まる。