カイ二乗検定

カイ二乗検定とは、度数や比率で表されたデータについて、カイ二乗分布を
用いた検定のことである。標本が正規分布していなくても、小標本について
検定できるノンパラメトリック検定のひとつで、3件法による判断や性格型の
分類など名義尺度による度数分布に適用されている。個々の次元を行・列に
配列したクロス表を作り、各セルの値と理論度数との逸脱の程度を示すものが
カイ二乗値であり、この値が大きいほど、次元間の帰無仮説が棄却され、
有意差を表すものとなる。