面接法

面接法とは、一定の場所である目的の為に、対象者と対面して話し合い、
観察する方法である。言語・非言語コミュニケーションを通じての対象理解
である為、対象者とのラポールが最も重要となり、また対象理解も、より
全体的でより深いレベルのものとなる。