ナラティブ分析

ナラティブ分析とは、研究対象者の語る自らの経験や人生について語り、
物語であるナラティブを対象者に即して読み解いていく作業である。
臨床心理学では、アメリカにおける家族療法の発展の中で、システム論
に代わり、80年代末から脱構築の思想とともにナラティブセラピーが提唱
され、セラピストとクライエントとの対話を通して新たな物語の共同制作を
行っていくことが目指されている。