双生児法

双生児法とは、身体・心理・行動発達に対する遺伝と環境の要因を
明らかにするために、双生児を用いる古典的な方法である。遺伝子を
100%共有する一卵性双生児の相関と約50%共有する二卵性双生児
の相関とを、環境変化のもとで比較することで、その発達形質の遺伝性
を見る。