事例研究法

事例研究法とは、一事例あるいは少数事例について調査・テスト・
実験・面接・観察などを通じて、対象の個性的・全体的理解を追及
する方法である。記述にあたっては、質的・量的データも利用する
ことにより、包括的な対象理解が必要。さらに他の事例を比較
考察することで、モデル形成を目指す統合的事例研究法が提唱
されているのである。