相関アプローチ

相関アプローチとは、同一の被験者群から、操作を加えずに2つ以上の
変数を集め、その変数間の関係をみること。個人差を対象として、
変数間に因果関係だけでなく様々な解釈を許すもの。