実験アプローチ

実験アプローチとは、仮説となる要因を独立変数として他の条件を
できるだけ統制した上で、結果となる従属変数との関係を見ること。
内的妥当性は高いものの、限定された条件のもとでの結果となる為、
外的妥当性に欠けるものである。