実践計画法

実践計画法とは、1920年代フィッシャー,R.A.によって導入された
研究法である。具体的には、被験者を実験群と統制群、あるいは
実験群と対象群に振り分け、ある因子(要因)に関して実験操作を
行い、それぞれの反応を測定すること。しかし同じ条件でもデータに
ばらつきが生じるものであり、この偶然変動による誤差を最小に
する為に、繰り返し・無作為化・局所管理の原理に基づく乱塊法・
ラテン方格法・多因子要因計画などが開発され、そこから得られた
データの分散分析によって各種因子が検出されることになる。