参加観察法

参加観察法とは、古くから文化人類学や社会学のフィールドワークで、
用いてきた研究法で、研究者自身が研究対象となる現場に身をおいて、
状況内部から観察したり、共通体験を持ったりすることにより、生態学的
妥当性の高い現象把握を行うものである。社会学・教育学などの実践
研究では、アクションリサーチとして位置づけられている。