観察法

観察法とは、心理学における最も基本的な研究法のひとつである。
大きく分けてふたつ、自然的観察法と実験的観察法がある。また
フィールドワーク、臨床的な事例研究においては、参加観察がその
中間形態として重要となる。自然観察法は、仮説設定の準備段階
にあたるもので、観察対象を、できるだけ主観を加えずに正確に
記述し記号化するものである。一方、実験的観察は、仮説検証の
ため、独立変数の操作を行い従属変数となる対象の行動や状態
の変化を観察測定するものである。