横断的研究

横断的研究とは、発達研究における主要な方法のひとつである。
研究法は、短期間に異なる年齢集団に属する被験者(群)を観察・
測定することで発達的変化の実態を捉えようとするもの。横断的
研究の長所とは、短期間に少ない労力・費用で多数のデータが
得られまた測定変数を変えて探索的研究ができること。短所は、
個人の発達の軌跡が把握できず、対象年齢群の県境や資質の
等質性を維持することが、難しいことである。よって縦断的研究との
併用が望まれる。