アクションリサーチ

アクションリサーチとは、1940年代にレヴィン・Kによって提唱されたもので、
グループ・ダイナミックスに基づいて、産業、経営工学、社会心理学の分野で
進められた実践と研究を統合した研究法である。具体的には、問題の共有と
定義から、具体的な実践計画と実践、結果の分析、実践の評価と次への課題、
研究発表という形をとる。